テニスサポート情報局

硬式テニスを頑張る子とその保護者のためのサイト

テニスと勉強の両立はかなり大変。短時間で効率よく勉強するには。。。

calendar

スポンサーリンク

スポーツを頑張る子どもは忙しい

競技テニスを本気で頑張っていると、一日があっという間に終わります。

今の子供たちは忙しく、学校が終わるのは16時前後。
そこから、勉強、宿題、テニス、お風呂、食事、、、と過ごすともう寝る時間です。
テニススクールまで移動の時間がかかる子は、勉強する時間をとることも難しいでしょう。
我が家は子供たちがテニスが好きなので応援し、サポートしていますが、最低限の勉強はさせています。

勉強はできて損することはない

「頭はよくて損することがない」が管理人の考えです(笑)
スポーツと比べ頭はがんばればそれなりにできるようになります。
スポーツは頑張ってもその結果が出ることのほうが少ないですが、勉強はやればやっただけ取れるようになるものです。
スポーツで頑張っている子にしてみたら、スポーツで結果出すより、勉強で結果出すほうが楽だったりするんですよ。
だからこそ、昔から文武両道なんて言われてるんだと思います。

我が家の子供たちスマイルゼミを利用して勉強をしています。


我が家の通信教育遍歴

幼稚園の頃から通信の勉強はいろいろなものを試してきました。
まず、おなじみ、ベネッセのこどもチャレンジ。

これは安っぽい付属品が多く、中身があまりないので辞めました。

次にドラゼミ。



チャレンジに比べ、内容のレベルも高く良かったです。
ただ、紙のテキストだったので、子どもが飽きてやらないところもあったり、何より〇付けが面倒でした。

今はどちらの教材もリニューアルして中身もいろいろ変わっているようです。
数年前と比べても、スマホ、タブレットとこの手の通信教材もかなり様変わりしています。


なぜスマイルゼミを選んだのか

うちの子は小学校の内容は普通に授業で理解できるレベルです。
行ってる学校は公立ですし、毎日のテニスの練習もあるので、勉強時間は限られています。
限られた時間で、効率よく勉強するにはと考えた時に、我が家に合ったのはスマイルゼミでした。

スマイルゼミを選んだ理由
  • タブレットなので、いつでもどこでも勉強ができる
  • 採点を自動でしてくれる
  • 教科書に内容が準拠している
  • 小学生は漢字、計算のトレーニングもできる
  • 中学生は美術、体育、技術家庭科、音楽のテストにも対応
  • 塾に行くよりは値段が安い
  • 紙のテキストではないので、古本がたまらず、苦手な単元は繰り返し問題が解ける




実際に使い始めてから半年が過ぎました。
親目線からの使った感想としては、「やってよかった」と思いました。
子どもの体験談としては「やってて、楽しい。勉強って感じがしない。」だそうです。
勉強時間としては塾に行ってる子と比べ少ないですが、我が家では勉強時間以上の効果がでてると思います。
テニスと勉強の両立という面から見て、我が家には最適な教材でした。

次回はスマイルゼミの詳しい内容についてまとめたいと思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お買い得情報

水筒お買い得
more...

folder 管理人・このサイトについて

管理人について
more...