テニスサポート情報局

硬式テニスを頑張る子とその保護者のためのサイト

全国小学生大会 過去のドント枠の配分

calendar

reload

全国小学生大会 過去のドント枠の配分

全国小学生大会は2018年から64ドロー、64名の参加に増えました。
詳しい変更点や、大会についてはこちらの記事をご覧ください。

昨年度までのドント枠は21枠

2017年の大会までは64ドローで、シード選手(16名)は1RがBYEだったので、64-16=48名の参加者でした。
昨年度までの48名参加時の各地域枠は3枠です。
北海道、東北、北信越、関東、東海、関西、中国、四国、九州の9つの地域からそれぞれ3人なので、3×9=27名が地域枠での参加人数です。
48-27=21なので、ドント枠として21名分が、過去の戦績などに応じて分配されています。

過去5大会の地域別の参加者人数

35回大会(2017年)
地域/種目 男子 女子
北海道 3 3
東北 3 3
北信越 4(+1) 3
関東 14(+11) 13(+10)
東海 8(+5) 5(+2)
関西 4(+1) 7(+4)
中国 4(+1) 5(+2)
四国 3 3
九州 5(+2) 6(+3)

34回大会(2016年)
地域/種目 男子 女子
北海道 3 3
東北 3 3
北信越 4(+1) 3
関東 14(+11) 14(+11)
東海 8(+5) 5(+2)
関西 5(+2) 7(+4)
中国 4(+1) 4(+1)
四国 3 3
九州 4(+1) 6(+3)

33回大会(2015年)
地域/種目 男子 女子
北海道 3 3
東北 4(+1) 3
北信越 5(+2) 3
関東 11(+8) 14(+11)
東海 8(+5) 6(+3)
関西 6(+3) 7(+4)
中国 4(+1) 4(+1)
四国 3 3
九州 4(+1) 5(+2)

32回大会(2014年)
地域/種目 男子 女子
北海道 3 3
東北 4(+1) 3
北信越 4(+1) 4(+1)
関東 12(+9) 15(+12)
東海 8(+5) 6(+3)
関西 5(+2) 8(+5)
中国 4(+1) 3
四国 4(+1) 3
九州 4(+1) 3

31回大会(2013年)
地域/種目 男子 女子
北海道 3 3
東北 5(+2) 3
北信越 5(+2) 4(+1)
関東 11(+8) 16(+13)
東海 7(+4) 4(+1)
関西 6(+3) 8(+5)
中国 4(+1) 4(+1)
四国 3 3
九州 4(+1) 3

関東が圧倒的に多い

上記の表から、関東へは毎年11~15本の全国大会への枠がいっていることがわかります。3枠は地域枠なので、ドント枠として9~12本関東がもらっていることになります。
昨年までの48名参加の場合、ドント枠は21枠なので、その半分ほどを関東がもっていってることになります。
ただ2018年からは64名の参加に増え、地域枠も4枠に増えました。4×9=36名が地域枠として参加できます。
64-36=28名が最大のドント枠です。(今年からワイルドカード枠もあるので、ドント枠は流動的)半分の14枠を関東が取ると仮定すると14+4=18で、関東の枠は18前後と予想されます。関東は今までも11~15枠とっていたことを考えると、その増加分はそこまでではありません。
やはり、地方枠が3から4に増えたことで、地方からの参加者の割合が増えそうです。

スマホで見ている方は左下にあるメニュータブ(3本線の四角のもの)をタップすると、最近の投稿や人気記事ランキング、公認大会の締切やドロー発表日がわかるgoogleカレンダーを見ることができます。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お買い得情報

水筒お買い得
more...

folder 管理人・このサイトについて

管理人について
more...