テニスサポート情報局

硬式テニスを頑張る子とその保護者のためのサイト

DUNLOP CUP全国選抜ジュニアテニス選手権関東予選会とは

calendar

毎年4月上旬の週末に開催される「DUNLOP 全国選抜ジュニアテニス選手権関東予選」は千葉県の白子で開催されます。
5月中旬に千葉のTTCで開催される全国大会の関東予選となっています。
U12とU14の上位16名と各都県から推薦された2名の選手、計32名の選手が参加できる大会です。

ここは、関東ジュニア、RSK、中牟田、KTAなどいろいろな関東大会が行われる会場です。
ただ関東ジュニア以外の大会は参加人数が少ないので、宿泊の予約は焦らなくても大丈夫。
たいていどこでも宿泊できると思います。
また、関東ジュニアと違い、宿がいっぱいになるということはないので、試合の結果次第で宿泊をするという風にしても大丈夫だと思います。
(この場合、予約する時間によっては晩御飯がつけれないことはあると思いますが)
ただ、初日のみで終わるのは、本戦1R敗退+コンソレ初戦敗退の時だけなので、8人だけです。



白子の宿についてはこちらの記事にまとめました。

練習用のコートはありません。
ただ、会場のコートは試合前日や朝、試合後など、レンタルコート代を払えばコートを借りることはできます。
また、宿泊する宿にはテニスコートがあるので、そのコートを借りることもできます。ほとんどの宿は宿泊客用に半日3000円ほどでテニスコートを貸し出しています。
宿によってはテニスコート付きのお得なプランもあります。
U12の選手だと小学生も多いと思いますが、小学生の値段は宿によって扱いはいろいろです。大人の70%~80%の値段設定なところが多いですが、宿によって異なるので確認しましょう。

たいていの選手は、試合前日の昼間に現地に入り、宿泊先のテニスコートで午後練習、夜は宿泊。朝のウォームアップ用に、宿泊先もしくは会場のコートを借りて練習し、試合に備えるという感じだと思います。
もちろん地元千葉の選手で近くに住む選手は自宅からの通いの子もいます。
所属するスクールによって、選手はコーチ引率で親は別に宿泊だったり、選手は親が連れていきコーチは別に宿泊だったりいろいろです。
引率の費用も含め、きちんとスクールに確認しましょう。
引率費はスクール側が負担してくれてコーチが引率してくれても一切費用がかからないスクールから、コーチの宿泊費・交通費などの帯同費を参加する選手で頭割りして選手側が支払いをするスクールなど、それぞれ異なります。
夜の食事はつけるとけっこう高くなるので、夕食は宿で取らずに、車で少しいったところにあるファミレスで食事をとる方もいます。ただ、宿泊する場所の近くにはファミレスはありません。車でしばらくいかないといけないので、それなりに時間もかかります。
朝食はつける方が多いですが、宿によっては朝食開始時間が遅く、朝の練習したい時間に間に合わないことも・・・。
会場近くには、コンビニは2件あり、ローソンとセブンです。お昼ご飯などの買い出しは可能です。水筒に使う氷は宿によっては無料でくれます。
関東選抜は3日間の日程なので、使う方は少ないかもしれませんが、コインランドリーも会場近くにあります。
4月の上旬なので、天気によっては寒くなることもあります。また、オムニコートなので、多少の雨の中でも試合が行われます。あまりにひどくなると中断しますが、雨の中やることもあるので、着替え、傘、タオルなど天候に応じてしっかり準備をしましょう。
試合球は2018年はスリクソン(ダンロップ)です。

【テニス ボール スリクソン】Srixon 2球入(スリクソン)『缶単位(1缶/2球)』(SRXDYL2TIN)

試合が近くなったり、前日、当日の練習は試合球を準備して、ボールの感覚になれましょう。

試合当日には全国選抜の関東からの枠が何枠あるのか、本部に掲示されています。
枠数は去年の関東選手の全国での結果や過去数年の結果により決まるという話を聞いたことがあります。
このあたり、どこか明確に記載されているところってあるのでしょうか・・・。見つけたら、掲載しますね。また、明記されているところをご存知の方がおりましたら、お知らせください。
枠数を知り、どこまで勝ち上がれば全国にいけるのか、しっかり確認しましょう。
本戦は3セットマッチノーアドです。負けるとフィードインコンソレに回ります。推薦順位4位までは本戦の結果で決まりますが。5位以下はフィードインコンソレの順位となります。
ただ、関東のポイントは本戦の結果でつきます。本戦を1Rで負け、その後フィードインコンソレで勝ち上がって5位になったとしても、ポイントは初戦敗退のベスト32のポイントとなります。
全国への枠数にもよりますが、フィードインコンソレで負けても、さらにそこから順位決定戦を行います。自分が負けたラウンドによっては、コンソレで負けてもまだ試合がある可能性もあるので、きちんと確認しましょう。本戦で対戦済みの試合はその結果が優先され、コンソレでの試合は行いません。

また、例年全国選抜の申し込みは関東選抜の会場で行います。全国選抜の要項や申込用紙は事前に関東テニス協会のHPに掲載されるので印刷して持参しておくと安心です。
申込には印鑑が必要です。忘れずに持っていきましょう。



*この記事は2018年2月現在の内容です。JPIN制度の開始にともない今後数年でシステムが大きく変わることも予想されます。

folder 管理人・このサイトについて

管理人について
more...