テニスサポート情報局

硬式テニスを頑張る子とその保護者のためのサイト

関東以外の地域の子も公認大会にどんどん参加してみよう。

calendar

reload

関東以外の地域の子も公認大会にどんどん参加してみよう。

関東テニス協会に登録してから参加することが可能な「公認大会」ですが、関東以外の地域の子も参加することは可能です。
地域によってはテニス人口もさほど多くなく、上位にいけば当たる人はいつも一緒、手の内も知っているような顔ぶればかり、なことも多いです。
関東は選手の人数が多いので、勝ち上がればいろいろなレベルの子と試合をすることができます。
また、関東は全国大会へ出場する選手も多くいるので、自分と同世代の子のレベルを知る機会にもなります。

関東以外の地域の子が、公認大会に出場する方法です。
その手順をまとめました。

  1. 関東テニス協会のHPからオンライン登録、支払い
  2. 登録カードが届いたら、試合にエントリー
  3. 日程、ドローの確認
  4. 試合出場

スポンサーリンク

関東テニス協会のHPからオンライン登録

インターネットで関東テニス協会のHPからジュニア登録ができます。
詳しくは以前に書いた記事を読んでください。
地域のところを自分が住んでいる地域にすれば大丈夫です。

登録カードが届いたら試合にエントリー

支払いをすませると、登録カードが送られてくるので、これを大切に保管してください。
薄いペラペラの紙ですが、とても大切なカードです。
これに書いてある登録番号で公認大会にエントリーできます。
申請中はエントリーできません。
エントリーの方法についてはこちらの記事をどうぞ。


ネットエントリー可能な公認大会はJOPの無料会員登録が必要です。
これについてはこちらの記事をどうぞ。

全国大会に出場経験がある子などは戦績を記載してください。
本来、ポイントのない子は予選からですが、考慮されることあります。
(考慮されないこともあります)
要項の本戦日程が重なるとダブルエントリーになります。
関東外の子は関東ランキングは直接自分が地元ででる大会のランキングとは関係ありません。
でも、今後も定期的に関東の試合で挑戦し続けるのであれば、ポイントがあることで本戦からの出場になったりシードがつくようになるので、今後の方針で決めましょう。



日程、ドローの確認

要項にドロー発表の日時は記載があります。
JOPのサイトであれば要項のすぐそばにドローのPDFが掲載されます。
ポイントのない地方の子は、予選からだと思っていていいです。
宿泊先や練習場所などを確保しましょう。

試合出場

公認大会に行くときは、忘れずに登録カードを携行してください。

実際に、九州、東海、北信越の子を大会で見かけたことがあります。
地方からわざわざ試合にくるだけあって、実力もある子が多かったです。

交通費や宿泊費などかかりますが、修行の1つとして、他の地域に試合に行くのもいい経験になると思います。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder お買い得情報

水筒お買い得
more...

folder 管理人・このサイトについて

管理人について
more...